読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代プログラマの備忘録

ゆとり世代プログラマが備忘録を書いていく

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2受験の際に俺が参考にした本と感想とか

今回は半年くらい前に受験した HTML5 プロフェッショナル認定試験 Level2 について。

レベル1については前回の記事で書いているので、そっちで。

jbelltree.hatenablog.com

結果

1発合格でした。が、正答率は、たしか 75% くらいで、わりとギリギリ合格だったはず。 時間的には余裕をもって見直す時間もあったと思う。

試験内容

HTML5プロフェッショナル」とか言ってるけど、レベル2の試験問題は、ほぼほぼ JavaScript です。 HTML5で追加されたAPIの使用方法の問題が大半で、レベル1の問題のような、HTMLタグの書き方とか順番とかの問題はほとんど出題されないです。 詳しくは、公式の出題範囲を。

html5exam.jp

受験対策として使用した参考書

まずメインで使用した参考書 レベル1では紙の書籍を購入したが、レベル2ではkindle版を使用。 amazon の評価は低いけど、自分はこの本をメインで使用して合格しました。 この本の最後にある模擬試験を中心に勉強した。

www.amazon.co.jp

もう一冊、こちらは紙の書籍を購入。 ただし、内容的には上の本の方が詳しく書かれている気がする。 amazon のレビューにもある通り、かなーり簡単に、さらっとJavaScriptを解説しています。 こちらは各章ごとに演習問題がついている。が、解説もあっさり気味。

www.amazon.co.jp

参考にしたWebサイト

レベル1の時と同様、公式サイトにも例題があります。 この例題も2、3回繰り返し解きました。 これから受験する人は、この問題も絶対やっておくべき。

html5exam.jp

あとは、出題範囲に含まれる SVG 関連で、以下のサイトの SVG についてのページも参考になった。あとイラストが可愛い。 (左側メニューの 「SVG(Scalable Vector Graphics)」→「SVGってなあに?」)

たのしいXML: XML/XHTML入門ページです

感想とか

自分は元々 JavaScript が好きな人間なので、勉強していて楽しかったです。 ぶっちゃけ、Geolocation API とか試験対策の勉強しなければ、ずっと知らないままだったし。

あと、結構ちゃんとJavaScriptの言語仕様とかも出題範囲に含まれていて、

// 以下の処理でそれぞれ何が出力されるか答えろ

console.log( false == 0 );

console.log( false === 0 );

みたいな問題も出題されるので、(ちなみに上は true が出力されて、下は false が出力される。)細かいところをおろそかにしていると、わりとしねるなーって思いました。

まぁ、なんか Web の技術が好きで、なんか資格とりたいなーって人には向いてる資格なのかなーって思いました。少なくとも俺は勉強になりました。まる。